プロフィール

イエナビ

Author:イエナビ
某大手住宅メーカー勤務後、いつでも、だれでも自由に見学できる総合住宅展示場サイト『イエナビゲーションン(通称イエナビ)』の作成を思案中。
建築士の資格も持っていますので、家作りの悩みなど、個別に質問もどうぞ。

  • My Yahoo!に追加
  • カテゴリー
    最近の記事
    FC2カウンター

    ブロとも申請フォーム

    スポンサードリンク

    スポンサーサイト

    住宅を建てる人の住宅支援サイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサードリンク
    スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

    住宅ローンについて

    住宅を建てる人の住宅支援サイト

    住宅ローンについて


    住宅ローンは長い期間返済しますので、金利や返済方法によって、得をしたり、損もします。


    住宅ローンの金利や返済方法は、十分に比較をしましょう。


    最近では、住宅ローンの比較サイトや、各銀行の、住宅ローンのサイトで
    返済のシュミレーションができます。


    これらを利用して、簡易的な住宅ローンの把握をしましょう。


    しかし、これらは住宅ローンの返済の目安でしかありません。


    自分で窓口に行って、住宅ローンの相談に行くか?
    ネットで資料を取り寄せて、審査をしてもらいましょう。


    各行には、住宅ローンを専属で扱う部署があります。
    これらの担当者は、住宅ローンアドバイザーの資格を取得していたりします。
    より、詳しい説明を受けることができます。

    住宅ローンの返済方法として、大きく分けると



    1. 元利金等払

    2. 元金均等払 の2つがあります。


    一般的には、元利均等払(毎月同じ金額の返済をする)を利用する人が多いです。
    総支払いは、元金均等払いに比べて、多くなります。
    しかし、毎月固定の金額の返済になりますので、返済計画が立てやすいというメリットが
    あります。


    金利については、大きく分けると



    1. 全期間固定

    2. 変動金利

    3. 短期固定

    4. 長期固定 となります。


    金利は、変動金利が一番安くなります。
    しかし、半年後とに金利の見直しが行われ、返済計画は立てにくいと思います。

    住宅ローンの返済は長くなりますので、何が一番得になるかというのは、その時々の
    情勢によって大きく変化します。


    少し前であれば、短期固定金利で、元金を減らしていくのが一番いいとされていました。


    ゼロ金利解除によって、金利の上昇が考えられます。
    ですので、最近は、全期間固定金利がいいとされています。


    住宅ローンの種類としては、銀行、信金、労金、JAバンク、共済組合、自治体があります。
    各々、メリットがありますので、研究してみてください。


    また、住宅ローンもキャンペーンのよって金利の優遇が受けられます。
    また、住宅ローン減税と絡めていくと、優遇が受けられます。


    しかし、住宅ローンの金利キャンペーンで○%全期間優遇というものは、
    各行の店頭金利から優遇しますので、実際には得はしません。


    店頭金利が高いと、新規のお客さんが集まらない気がしますが、そんなことはありません。


    住宅ローン新規キャンペーンをすれば、店頭金利○%を引きます、とすれば
    問題ありません。


    この話は、銀行の融資担当者から聞いた話ですので本当です。


    これらを総合して、住宅ローンの得する方法を見つけていきましょう。

    スポンサードリンク
    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。